シミ取りクリニックの人気処方ランキング

シミの種類や状態に合わせて治療法も様々ですが、ここではクリニックでよく行われる
シミ取り治療についてご紹介します。

 

レーザー治療


レーザーをシミの部分に照射することでメラニン色素を分解する、シミ取りで最も一般的な治療です。

光の技術「IPL」


レーザーを照射した部分は軽い火傷のような状態になり、2週間ほどでかさぶたが出来てはがれ、
新しい皮膚に生まれ変わります。

 

レーザーは黒い色に反応するようにできているので、シミ以外の皮膚には全く影響がありませんし、痛みも“輪ゴムで肌をはじいた程度”だとされています。

 

1回の治療はわずか数分程度と短く、治療にかかる回数が少ないのもメリットです。

 

 

フォトフェイシャル

フォトフェイシャル仕組み

 

フォトフェイシャルはIPL(Intense Pulsed Light)という様々な波長をもつ特殊な光によって、シミをはじめとする肌トラブルをケアする治療法。

 

光の照射によってメラニン色素を分解する点はレーザー治療と同じですが、フォトフェイシャルの光はコラーゲンをつくり出す働きのある繊維芽細胞という細胞を刺激し、コラーゲンの産生を促すことでシミの除去だけでなく、肌のくすみやたるみ、毛穴の開きなども改善してくれます。

 

フォトフェイシャルフォトフェイシャル

 

こちらの治療は1カ月ごとの照射を5〜6回、継続して受けることで効果が期待できます。

 

ビフォーアフター





ケミカルピーリング

酸を肌に塗ることで古くなった角質をはがし、新しい肌に生まれ変わらせる治療法。
皮膚への刺激が少なく、保湿・美白作用のほか、ニキビ治療や小ジワを目立たなくする効果もあるとされています。

 

ただ、ピーリング後の肌は乾燥しやすく紫外線の影響を受けやすくなっていますので、保湿や紫外線対策などのケアが重要! 

 

こうしたケミカルピーリングはエステサロンや自宅で使用できる商品などでも体験できますが、

 

最大の効果を生むためには一人ひとりの肌質に応じて薬剤の濃度や施術時間を調整する必要があるため、専門医のいるクリニックでの治療がおススメです。

 

シミ取りクリームもあるよ!シミ取りクリーム楽天でのレビュー数ランキングを調査しました。
シミ取りクリームランキングはこちら

ハイドロキノン石けん
ハイドロキノン石けんというものも登場!しみ・くすみに期待。